美ライブチャット ライブチャット出会いサイト レズ おな やりやい 名古屋熟女系S 女 彼氏とライブチャット えっちなてれふぉん 男同士でテレホンしませんか 男性体験談

D(キャバクラ在籍)「有名ブランドのバッグなんてお願いしたら楽勝ですよね。あたしも、他の人にも同様の誕生日プレゼントお願いして自分のと売却用に分けるよ」
筆者「…ショックです。プレゼントなのに質に出すんですか?」
D(キャバ嬢)「言っても、全部取っとく人なんていないです。箱にしまったままだとせっかく価値があるんだから旬がありますし、必要な人が持った方がバッグもうれしいんじゃない?」
国立大に通う十代E受け入れがたいでしょうが、Dさん同様、私もオークションに出品しますね。」
C(銀座のサロン受付担当)「ライブチャットを利用して何十人もお金が手に入るんですね…私はこれまでプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。ライブチャットに登録してから、どういう男性と交流しましたか?
C「高いものを送ってくれるような相手には会わなかったですね。多くの場合、気持ち悪い系で単にヤリたいだけでした。わたしはというと、ライブチャットに関しては彼氏が欲しくてメッセージ送ったりしてたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットを使って、どんな出会いを期待しているんですか?
C「調子乗ってるってしれないですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学にいるような一流の相手と付き合いたいんです。
E(国立大の学生)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、ライブチャット回ってても、出世しそうなタイプはいる。そうはいっても、ほとんどはイマイチなんです。」
インタビューを通じて判明したのは、オタクに対して偏見のある女性が見る限り人数が多いみたいです。
アニメやマンガが親しんでいるようにように思われる日本ですが、まだ一般の人には見方は薄いようです。

関連記事