チャット エロ テレh 感熟ライブ人妻熟女専門アダルトライブチャット テレフォン 意味  ID 新潟 テレフォン 連絡先 電話エッチ 掲示板

今週取材拒否したのは、まさしく、以前よりステマのバイトをしていない五人のおじさん!
駆けつけることができたのは、昼キャバで働くAさん、男子学生のBさん、自称芸術家のCさん、音楽プロダクションに所属していたというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では、取りかかるキッカケから尋ねてみましょう。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(メンズキャバクラ勤務)「小生は、女性の気持ちが分からなくて開始しました」
B(男子大学生)「オレは、稼がないと意味がないと思ってスタートしましたね」
C(シンガー)「ボクは、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだアマチュア同然なんで全く稼げないんですよ。ビッグネームになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのが大事なんで、、こういう体験をして、とにかくアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「うちは、○○ってタレント事務所で芸術家を養成すべく励んでいるんですが、一度のライブで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(ピン芸人)「実を申せば、俺もDさんと相似しているんですが、1回のコントでほんの数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステマのアルバイトをすることになりました」
あろうことか、五名のうち三名が芸能事務所に所属しているという普通のメンバーでした…、ところが話を伺ってみるとどうやら、五人にはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。

関連記事