チャット常連 ライブチャット 無料テレクラアプリ 話せる

先週ヒアリングしたのは、驚くことに、いつもはステマのアルバイトをしていない五人の学生!
出席できたのは、メンズクラブで働くAさん、現役男子大学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、音楽プロダクションに所属するというDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず始めに、取りかかるキッカケからうかがっていきましょう。Aさんからお話しください」
A(元メンキャバキャスト)「俺は、女性の気持ちが理解できると考え始めることにしました」
B(1浪した大学生)「うちは、ボロ儲けできなくてもいいと思って辞めましたね」
C(クリエイター)「小生は、シンガーをやってるんですけど、まだ新人なんで一切稼げないんですよ。大物になる為にはささやかな所からこつこつ下積みすべきだと思い、こういう体験をして、しばらくはアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「おいらは、○○って音楽プロダクションでピアニストを育てるべく奮闘しているのですが、一回の出演で500円だけしか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラの仕事をやっているんです」
E(お笑いタレント)「実を言えば、私もDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の倹しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステルスマーケティングのバイトを開始しました」
たまげたことに、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属中というパワフルなメンバーでした…、かと言って話を聞かずとも、彼らにはステマによくある苦労があるようでした…。

関連記事