中電話する女 テレホン 京都 苫小牧であいけい男用電話 素人テレホン テレクラテレホンさくら 女性安心

D(ナイトワーカー)「有名ブランドのバッグなんて気前のいい人多いですよ。わたしってば複数まとめて同じ誕プレ頼んで自分のと買取に出す」
筆者「本当に?もらい物なのに現金に換えるんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「けど、皆も売却しますよね?床置きしてもホコリ被るだけだし、流行遅れにならないうちに単に飾られるだけならバッグの意味ないし」
E(十代、国立大の女子大生)受け入れがたいでしょうが、わたしなんですが、お金にします」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「ライブチャットを利用して何万円も儲かるんですね…私はまだまだプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。ライブチャットを使ってどのような異性がおしゃべりしたんですか?
C「高級品を送ってくれる誰もからももらってないです。大体はモテないオーラが出てて、セックスが目的でした。わたしなんですが、ライブチャットについてなんですが、恋人探しの場として期待していたのに、体だけ求められても困りますね」
筆者「ライブチャットにアクセスするのはどんな出会いを探しているんですか?
C「調子乗ってるってしれないですけど、医者とか弁護士の方とか国立大学に在学中の出来のいい人を探しています。
E(国立に籍を置く)わたしはですね、今は国立大にいますが、ライブチャットだって、エリートがまざっています。とはいっても、恋愛対象ではないですね。」
ライブチャットでは、オタクについてイヤな感情を持つ女性がなんとなく人数が多いみたいです。
オタクの文化が広まっている言われている日本でも、まだ一般の人には受入れがたい至っていないようです。

関連記事