男性を喜ばせる テレフォン やり方 らいぶちゃっと 下着 広島熟女テレクラ体験談 エロチャット 金髪美女

筆者「ひょっとして、芸能界で修業をしている人ってサクラを収入としている人が少なくないのでしょうか?」
E(業界人)「はい、そうですね。サクラで生計を立てるって、シフト結構融通が利くし、私たしみたいな、急にいい話がくるような仕事の人にはお互いにいいんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(とある現役アーティスト)「ありがたい経験になるよね、女性のキャラクターとして演じるのは大変でもあるけど我々は男だから、自分がかけられたい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、男も容易にのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「かえって、女でサクラをやっている人は男性の心がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
著者「女の子のサクラより、男がサクラをやる方がよい結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「えぇ、そうです。成績が上なのは大体男性です。だけど、僕は女性の人格を作るのが下手くそなんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人事務所の一員)「元来、不正直者が成功する世の中ですね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女性の役を作っていくのも、想像以上に大変なんですね…」
女の子のキャラクターのどう演じるかの話に花が咲く一同。
そんな中で、ある一言につられて、アーティストと自称するCさんに視線が集まりました。

関連記事