無修整見せ合い オナ 潮 チャット テレクラ ツーショット 女性専用車 逆援助 ラブホテル

質問者「もしや、芸能人で修業中の人ってサクラのアルバイトをしていることが多いのですか?」
E(某有名人)「そうだと思われます。サクラで生計を立てるって、シフト比較的自由だし、我々のような、急にステージの予定が入ったりするような職に就いている人には丁度いいんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし貴重な経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「変わった経験になるよね、女性としてやりとりをするのは苦労もするけど僕らは男目線だから、自分の立場でうれしい言葉を向こうに送ればいい訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、相手もやすやすとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「想像以上に、女の子でサクラの人は男性の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性のサクラのに比べてよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能関係者)「まぁ、そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。なのに、僕は女性の役を作るのが下手っぴなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(とある有名芸人)「最初から、食わせものが成功するのがこの世界とも言えますからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性になりきって演じるのも、かなり大変なんですね…」
女の子のキャラクターのやり方に関しての話が止まらない一同。
そんな中で、ある発言を皮切りに、自称アーティストだというCさんに注意が集まったのです。

関連記事