新潟テレホン  エロ チャット なくなった北九州のテレクラ援交女スレ いわき市 札幌ニューハーフツーショットダイヤルと掲示板 テレホンサイト エロイプ 誘う

ライター「ひょっとして、芸能の世界で修業生活を送っている人ってサクラを仕事にしている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸人)「そうだと言いますね。サクラで生活費を得るのって、シフト他に比べて自由だし、俺たちみたいな、急にオファーがきたりするような仕事の人には求めているものなんですよ。読めない空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「経験になるよね、女として接するのは大変でもあるけどこちらは男の気持ちがわかるから自分が言われてうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男の心理はお見通しだから、相手もころっと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「反対に、女性がサクラをやっていても利用者の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男のサクラが成績が上なのですか?」
D(芸能関係者)「はい。より良い成績を残しているのは大体男性です。けれども、僕なんかは女のキャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(とある芸人)「元来、不正直者が成功する世界ですね…。女を演じるのが大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性になりきって作るっていうのも、思った以上に苦労するんですね…」
女性キャラクター役のどのようにしてだましとおすかの話が止まらない一同。
話の途中で、ある言葉をきっかけとして、自らアーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。

関連記事