ライブチャット 有料 女性用 テレホン テレフォンのやり方 電話しながらsex 大手ネット女性用テレフォン 大阪体験談 歓迎

昨日インタビューできたのは、それこそ、以前からステマの契約社員をしている五人のフリーター!
出席できたのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、男子大学生のBさん、クリエイターのCさん、某芸能事務所に所属する予定だというDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では最初に、辞めたキッカケから質問していきましょう。Aさんからお話しください」
A(メンキャバキャスト)「俺様は、女性の気持ちが理解できると考え気がついたら始めていました」
B(1浪した大学生)「小生は、稼げなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(シンガーソングライター)「うちは、ジャズシンガーをやっているんですけど、長年やっているのに丸っきり稼げないんですよ。スターになる為には小規模な所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、地味なバイトをやって、当分アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「オレは、○○って芸能プロダクションに所属して芸術家を目指し励んでるんですが、一回のコンサートで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやっています」
E(コント芸人)「実際は、うちもDさんと近い状況で、1回のコントで僅か数百円の楽しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ステマの仕事を開始することになりました」
大したことではないが、メンバー五人のうち三人がタレント事務所に所属中という至って普通のメンバーでした…、それでも話を聞かなくてもわかるように、五人にはサクラ独自の仰天エピソードがあるようでした…。

関連記事