札幌のテレクラに女性が電話する為の方法 生ok テレフォン 相手探し LINE やり目 素人熟女テレホン 料金比較 女 体験 エロ電話 平日昼間にテレホン

筆者「もしや、芸能人で修業生活を送っている人ってサクラをメインの収入源としている人が大勢いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと聞いています。サクラで収入を得るのって、シフト比較的自由だし、僕らのような、急にいい話がくるような職業の人には必要な仕事なんですよ。予測不能の空き時間を利用できるし、経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「ありがたい経験になるよね、女性を演じるのは難しいけど我々は男だから、自分がかけられたい言葉を相手に言えばいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、相手もころっと食いつくんですよね」
A(メンキャバ一スタッフ)「意外な話、女の子でサクラの人はユーザーの心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
著者「女のサクラより、男性がサクラをやる方がよい結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「はい。優秀な結果を残しているのは大体男性です。ところがどっこい、僕は女性のキャラクターを作るのが上手くないので、いっつも叱られてます…」
E(芸人事務所の一員)「基本、正直じゃない者が成功するワールドですからね…。女の子を演じるのが大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性になりきって作るっていうのも、かなり大変なんですね…」
女性ユーザーのどのようにしてだましとおすかの話が止まらない彼女ら。
話の途中で、ある発言をきっかけとして、自称アーティストであるCさんに関心が集まったのです。

関連記事