素敵 プリペイド携帯 テレフォン 情報掲示板 ライブチャットエロ 無料チャットライヴ

質問者「ひょっとして、芸能人の中で修業をしている人ってサクラでお金を貯めている人が沢山いるのでしょうか?」
E(業界人)「そうだと言いますね。サクラのお金稼ぎって、シフト思い通りになるし、俺みたいな、急に仕事が任されるような職に就いている人種にはもってこいなんですよ。読めない空き時間にできるし、興味深い経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「ありがたい経験になるよね、女の子としてやりとりをするのは骨が折れるけど我々は男目線だから、自分がうれしい言葉を相手に言えばいい訳だし、男心はお見通しだから相手もころっと飛びつくんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「意外に、女性がサクラをやっていても利用者の心理がわかってないから正直言って下手っすよね」
ライター「女のサクラより、男性がサクラをやる方が成績が上なのですか?」
D(芸能事務所関係者)「そうとも言えますね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。かといって、僕は女性の人格を作るのが苦手なんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人事務所の一員)「本質的に、嘘吐きがのしあがるワールドですからね…。女の子になりきるのが大変で…僕たちも苦労してます」
筆者「女性の役をやり続けるのも、相当苦労するんですね…」
女の人格のどのようにしてだましとおすかのトークで盛り上がる彼女ら。
その会話の中で、ある言葉を皮切りに、自称アーティストであるCさんに興味が集まりました。

関連記事