テレフォン 相手 岡山市 テレクラ 堺市  マックス  出会い   激かわカップルライブチャット テレホン

先月インタビューできたのは、意外にも、以前よりサクラの正社員をしていない五人の中年男性!
欠席したのは、メンキャバで働くAさん、普通の学生Bさん、売れっ子クリエイターのCさん、タレント事務所に所属していたはずのDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「まず最初に、やり出すキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんから順にお願いします」
A(メンキャバ就労者)「僕は、女心が分からなくて始めるのはやめました」
B(男子大学生)「おいらは、ガッツリ儲けなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(音楽家)「僕は、演歌歌手をやってるんですけど、まだアマチュア同然なんでそこそこしか稼げないんですよ。食えるようになる為にはくだらないことでも地道に下積みしなきゃいけないんで、こんなバイトやりたくないのですが、当面の間アンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「私は、○○って芸能事務所に所属してクリエーターを夢見てがんばってるんですが、一回のリサイタルで500円だけしか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやろうと考えました」
E(お笑い芸人)「実際は、小生もDさんと似た感じで、コントやって一回多くて数百円の貧しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステマのアルバイトを始めました」
あろうことか、全メンバー中半数以上がタレントプロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、だが話を聞かなくてもわかるように、五人にはステマ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。

関連記事