テレフォン 友達 誘いかた エッチ体験 不倫出会い エロイプ 流出 SKYPE人妻掲示板 女H エロイプ 名古屋

筆者「ひょっとして、芸能に関係する中で修業をしている人ってサクラで生計を立てている人が大勢いるのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだと思います。サクラの仕事内容って、シフト自由だし、我々のような、急にいい話がくるようなタイプの人にはお互いにいいんですよ。予測不能の空き時間にできるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「ありがたい経験になるよね、女としてやり取りをするのは簡単じゃないけど自分は男目線だから、自分がかけられたい言葉を相手に話せばいい訳だし、男心はお見通しだから男もころっと引っかかるんですよね」
A(メンキャバ労働者)「意外にも、女の子でサクラの人はユーザーの心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男性のサクラのに比べて優れているのですか?」
D(とある芸能関係者)「はい、そうです。優れた結果を出しているのは大体男性です。ところがどっこい、僕は女のキャラクターを作るのが上手じゃないので、いつも叱られてます…」
E(某芸人)「言わずとしれて、ほら吹きが成功する世界ですからね…。女の子を演じるのが大変で…俺なんかも苦労してます」
筆者「女性になりきって演じ続けるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女のキャラクターのどうやってだましとおすかの話に花が咲く彼女ら。
会話の途中で、ある言葉をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて視線が集まりました。

関連記事