テレフォン 罪悪感 モザイク無し 巨乳 チャット 2017 電話エッチ 熟女 テレフォン 効果音の出し方 援交体験談 エロチャット「」の使い方 セクシーダイヤル

D(ホステス)「高級なバッグとかねだればよくないですか?わたしは、5、6人に同じプレゼントを頼んで1個以外は売却用に分けるよ」
筆者「うそ?お客さんのプレゼントがどうなるんですか?」
D(ホステス)「ってか、全部取っとく人なんていないです。紙袋に入れておいてもそんなにいらないし、流行遅れにならないうちに物を入れてバッグにも悪いし」
E(十代、国立大学生)ショッキングでしょうが、わたしもなんですけどオークションに出品しますね。」
C(銀座のサロン受付担当)コミュニティを通じてそんな使い方もあるんですね…私はこれまで貢いでもらったりとかはないです」
筆者「Cさんって、ライブチャットではどのような人と見かけましたか?
C「ブランド品なんてことすらないです。全部の人が、プロフ盛ってる系でセックスが目的でした。わたしの話なんですが、ライブチャットについてはお付き合いがしたくて待ち合わせしたのにホテルの話をされて悲しくなりました。
筆者「ライブチャットではどういった異性と出会いたいんですか?
C「批判覚悟で言われそうですけど、医者とか法律関係の方とか国立大在学中の出世しそうな人が好きです。
E(国立大に在学中)わたしはというと、国立大に在籍中ですが、ライブチャット回ってても、優秀な人がいないわけではないです。かといって、おすすめする相手でもない。」
インタビューを通じて判明したのは、オタクに対して抵抗を感じる女性がどういうわけか人数が多いみたいです。
オタクの文化が慣れてきたように見える日本であっても、まだ個人の好みとして受入れがたいないのではないでしょうか。

関連記事