テレクラ テレフォン 体験 大阪募集 チャットガール おしっこ テレセ おすすめ らいぶ 無 ライブチャット れずー

D(キャバクラで働く)「高級なバッグとか欲しいって言ったら簡単にくれますよね。わたしってば複数まとめていっしょのバースデープレゼントねだって1個だけ取っておいて現金にするやつに仕分けするよ」
筆者「本当に?もらったのにそんなことになっていたなんて」
D(ナイトワーカー)「てゆうか、皆も質に流しますよね?クローゼットに入れててもホコリ被るだけだし、売れる時期とかもあるんで、売り払った方がバッグも幸せかなって…」
E(十代、国立大在籍)受け入れがたいでしょうが、わたしなんですが、買取にだしますね」
C(銀座のサロン受付担当者)ライブチャットにはそこまでことが起きていたんですね…私は一度もプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。ライブチャットに登録してから、どのような男性と会ってきましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった出会いはありませんでした。多くの人は、イケてない感じで単にヤリたいだけでした。わたしはというと、ライブチャットに関してはまじめな気持ちで利用していたのにセックスだけというのは嫌ですね」
筆者「ライブチャット上でどんな出会いを探しているんですか?
C「夢を見るなって言われそうですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立大に通う)わたしは、国立大で勉強していますが、ライブチャットだって、出世しそうなタイプはいる。それでも、恋愛対象ではないですね。」
ライブチャットでは、オタク系にネガティブな印象のある女性はどうも優勢のようです。
オタク文化がアピールしているかにかの日本でも、まだオタクを恋愛対象として見方はもののようです。

関連記事